忘れてはいけない大型免許二種とは

by admin

大型自動車と大型特殊自動車で使える免許が違います。
でも、それ以外にも大型の自動車で忘れてはいけない免許があります。
それは大型免許二種です。
二種というのは、旅客運送を目的として運転するときに必要な免許です。
普通自動車の二種のケースならば、タクシーや代行タクシー、旅館や介護施設などの送迎車などを運転するときに必要となります。
その大型自動車となるのですから、多くはバスがメインとなります。
公共事業とは直接に関係がありませんが、大型免許二種を取得すれば有利になることは間違いありません。
というのも公共事業で道路や橋が整備できるようになると観光バス業界が活性化します。
バスで今まで行けなかったところも行くことができるようになるため、多用なプランを用意することができいろんなニーズに応えられるようになるわけです。
その観光バスを運転するためには大型免許二種が必要であり、その免許を取得している人の存在価値が高まりつつあります。
そこでも、やはり合宿免許を利用するのがオススメです。
大型自動車の合宿免許では一般的な大型自動車だけでなく、大型特殊自動車・大型免許二種も扱っているところが多くあります。
どれも広い敷地が必要となるため、同じところが経済的にも便利なのです。
その大型免許二種を取得するのには、大型自動車と同じく普通自動車免許を取得してから3年経ってからとなるため、普通自動車免許は18歳以上であるから最低でも21歳から受講することが可能です。
(厳密に述べれば、21歳の誕生日に免許を取得すればいいため、その誕生日前から受講することが可能です)
普通自動車の教習所と同じように学科と技能の二種類に分かれています。
そのため、みんな普通自動車の教習所に通っているため、その教習所の内容に抵抗を感じることは少ないでしょう。
このように、大型免許二種を合宿免許で取得することが可能であり、この資格を取ったことで無事に職業に就けられたという人も大勢いらっしゃいます。