教習所がちからをいれている合宿免許

自分は合宿免許で教習所に通ったのですが、このシステムを利用して非常によかったと感じるとともに、教習所もこの合宿免許に非常に力をいれていると感じました。
というのは、なにかと合宿免許の生徒は呼ばれることが多かったのです。
合宿免許の生徒さんはこちらへといった感じです。
これは、この制度が短期間で教習を終わらせることを目的としているため、この制度を利用している生徒は効率よく教習がおわらせられるようにさまざまな便宜がはたらかされているといったことがありそうでした。
時間割もこの制度の利用者が効率よく授業がうけられるようになっているような気がしました。
そして、講義が終わった後は実技の講習が次に待っているといったような感じでした。
教習は授業も実技も簡単なものばかりでした。
はっきりいうと、授業はヒマな感じでした。
特に難しいことはいわれません。
常識で考えればあたりまえのことをいわれます。
速度制限以上では走ってはいけません。
といったような感じです。
ですから、ポンポンと授業が進んでいくのはありがたいことで、むしろ、こういった授業がポツンポツンとあって、その間の待ち時間が長いということになってしまうとかなりつらいとも思いましたが、この制度を利用している人は効率よく教習を消化することができました。
この合宿免許というのは、教習所にとってもかなり力をいれているということを感じました。
そのことは日々の自分たちへの対応からも感じることができましたし、教習所の宣伝などからもうかがい知ることができました。
これは全国の教習所で生徒の獲得競争がおきているであろうことからも想像がつきます。
この制度は全国から生徒を募集できるというおおきなメリットがあるかわりに、競争も激しいといったことがいえます。
そのため価格面でもかなりおもいきった料金になっています。
自分などでもこれが宿泊料金こみの値段かと驚いたほどです。
それほどこのプランに力をいれているということなのでしょう。